トップページはこちら!!

 

 
 
  アルファリポ酸の理想形!
  優先利用されるのはR-ALA
   
  R-ALAR-アルファリポ酸)
  100mg x 60
 
   
   
 

 
 

R-ALAR-アルファリポ酸 ) 1800
在庫切れ 
 
 
 

返品・交換に関する規約はこちら

 
 

極めて広い働きをするアンチオキシダントの理想形態、RタイプのALA!!

インスリンの働きを助け、血糖値を正常化!!

栄養素のとりこみを助けます。

 
  体内活性が10倍以上と言われるRタイプ!  
  アルファリポ酸にはSタイプとRタイプの2種類がありますが、体内活性が断然高いのがこのRタイプです。

通常、RタイプはSタイプの10倍以上の効力があると言われています。

市販されているアルファリポ酸サプリメントでRの表示が無いものは、SとRのアルファリポ酸が混交したものです。

混交しているとダメというわけではありませんが、含まれているアルファリポ酸の半分は効力が弱いものであることから、摂取量や効能に正確を期したい人はこのR-ALAを選択するのがお勧めです。
 

 
  αリポ酸とは  
  MR.オールマイティー :アルファリポ酸のことを「最強の抗酸化物質」と呼ぶ人もおり、今やアルファリポ酸はもっとも重要なアンチオキシダントの一つであるといえます。この物質の特徴は広範なラジカル消去能力にあり、水溶性・脂溶性ラジカルの両方に対し極めて有効な消去能力を誇ります。また、酸化されたビタミンCやビタミンEをリサイクルする働きがあります。そのうえ、酸化リスクとなる金属イオンとも結合して無害化してしまうというような、八面六臂の大活躍をしている物質です。

・体内のほとんどの細胞に存在し、エネルギー生成や他の酵素が働くために必要な補酵素。

・体内で生成されますが、年齢とともに減少してしまう。

・細胞内の呼吸やエネルギー生産工場であるミトコンドリアに存在している成分。

 

 
  インスリン感受性を高める  
  人間は老化とともに、筋肉に栄養素を運ぶ能力が落ちてきます。

筋肉に運ばれずに余った栄養素は脂肪に変換されたり、血管や神経などさまざまな組織を老化させる原因になります。

栄養素の吸収が低下する大きな要因として「インスリン感受性の低下」があげられます。アルファリポ酸はインスリン感受性を高める物質として非常に有名です。糖尿病の治療に処方される他、糖尿病からくるさまざまな合併症を治癒するのにも用いられています。

 
  こんな方にオススメ!  
  ・中年太りが気になり始めた方、→αリポ酸は30代から減少します。従って齢をとると糖の燃焼効率が落ちて脂肪に変わりやすくなります。

・ダイエットのサポートに。

・いつまでも美容を心がけている方

・ご家族の健康維持にもお勧めです。
 
  製品内容  
1タブレット あたり
  含有量
R-アルファリポ酸 100mg

お召し上がり方

1日1回、食後に1タブレットお摂りください。

 

 

トップページはこちらから

 
  プロテイン・ホエイ・アミノ酸・クレアチン・BCAA・グルタミン・アルギニン・アミノオール・ビタミン・ミネラル・ダイエットサプリメントのことならLAニュートリションまで。  
 

L.A NUTRITION & L.A. NUTRITION JAPAN      All Rights Reserved.